【3月2日(土)レビュー会】Sony World Photography Awards present レビュー&アドバイス会

写真に携わるプロフェッショナルによる作品へのレビュー&アドバイス会

世界最大級のフォトコンテスト「Sony World Photography Awards(SWPA)」。世界トップクラスの審査員が集い、総額30,000USドルの賞金の他、圧倒的な海外メディアへの露出、さらにはロンドンの中心地での受賞者展など、世界へと繋がるチャンスを提供する同コンペティション。

「レビュー&アドバイス会」は、そんなSWPAへの参加を検討している方をサポートすべく、写真に携わるプロフェッショナルによる作品へのアドバイスを受けることが可能な場です。

作家を志す人々と、それをサポートする人々を繋げ、また優れた作品を作っている方に対して、広く世界に発信していくにあたっての自信を付けてもらう役目も担います。

参加は無料ですが、事前申込が必要です。応募者多数の場合は抽選となります。

参加レビュアー

安藤菜穂子(PHaT PHOTO編集長)、篠原俊之(Roonee 247 Fine Arts)、タカザワケンジ(編集者 /写真評論家)、速水惟広(T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO)、松本綾子(nap gallery)、松本知己(T&M Projects /編集者)


安藤菜穂子(PHaT PHOTO編集長)
Webマガジン「PHaT PHOTO」、地域×写真のフリーマガジン「Have a nice PHOTO!」の編集長。書籍や写真集などの編集、写真展や講座などの企画を行う。横浜御苗場2019ディレクター。2016~2018年、台湾の写真イベント「Wonder Foto Day」のレビュアーを務めた。 https://phat-ext.com

篠原俊之(Roonee 247 Fine Arts)
Roonee 247 Fine Arts(ルーニィ・247ファインアーツ) オーナーディレクター。
1972年東京生まれ、大阪芸術大学写真学科卒業。在学中から写真展を中心とした創作活動を行う。1996年〜2004年まで、東京写真文化館の設立に参画し、そのままディレクターとなる。2005年よりルーニィ247フォトグラフィー設立。 2017年1月より日本橋小伝馬町へ移転。国内外の著名作家から新進の作家まで幅広くコーディネートする。現在、日本写真芸術専門学校講師、京都造形芸術大学非常勤講師、日本写真協会会員。http://www.roonee.jp

タカザワケンジ(編集者 /写真評論家)
写真評論家、ライター。1968年群馬県生まれ。1997年からフリー。『アサヒカメラ』、『芸術新潮』、『IMA』、『週刊読書人』などに寄稿。評論の他、写真家への取材、写真集の編集・構成、写真をテーマにした実験的な展示など、写真全般についてフィールドワークを続けている。ヴァル・ウィリアムス著『Study of PHOTO -名作が生まれるとき』(ビー・エヌ・エヌ新社)、渡辺兼人写真集『既視の街』(AG+ Gallery・東京綜合写真専門学校出版局)編集・解説、『挑発する写真史』(金村修との共著、平凡社)ほか。IG Photo Galleryディレクター。東京造形大学ほかで非常勤講師を務める。

速水惟広(T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO)
T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO(東京国際写真祭)ファウンダー。国内では、岩手県大槌町や、静岡県下田市にて地域住民とアーティストによる写真を使ったソーシャル活動に力をいれている。その一方で、海外の写真祭などでも精力的に活動。最近の活動にレビュアーとして、「New York Times Portfolio Reviews」(ニューヨーク、2018)、審査員に「LensCulture Black & White Awards」(オランダ、2018)、また講演に「Wonder Foto Day」(台北、2018)など。過去、手掛けた主な企画展にアレハンドロ・チャスキエルベルグ「Otsuchi Future Memories」(岩手県大槌町、2016ほか)、アレックス・プレガー「WEEK-END」(東京、2010)など。写真雑誌「PHaT PHOTO」前編集長。http://t3photo.tokyo/

松本綾子(nap gallery)
1979年生まれ。東京工芸大学写真学科を卒業し、写真の老舗ギャラリーZEIT-FOTOに勤務。2011年 3331アーツ千代田に nap galleryを開廊。日本を代表する写真家、現代美術作家の取り扱い及びマネージメントをしている。近年は、PARIS PHOTO などの海外のアートフェアに出展し、日本人作家の海外での認知を上げることに尽力している。http://napgallery.jp/

松本知己(T&M Projects / 編集者)
出版社「赤々舎」を経て、2014年「T&M Projects」を設立。美術書や写真集の出版や企画制作・編集、海外発行書籍のディストリビューションを手がける。また、展覧会やイベントなどのコーディネーション・企画制作なども行なっている。www.tandmprojects.com

開催概要

日時:3月2日(土)15:30~18:00
会場:御苗場メインステージ
定員:32名(応募者多数の場合抽選)
参加費:無料
持ち物:ポートフォリオ / 筆記用具

申込み

申込みフォーム

2月18日(月)までにお申込みください。
結果は2月21日(木)までにメールにてご連絡します。

協賛

他のイベントもチェック!