出展ガイド(vol.27)

御苗場vol.27では、壁・テーブル・スライド、海外レビュー&オンライン講座参加の4つのプランより出展いただけます。

プラン1:ギャラリーの壁を使用した壁面展示
プラン2:テーブル+パーテーション展示
プラン3:最大12枚の写真で表現するスライド展示
プラン4:海外レビュー+オンライン講座参加

プラン1~3ではいずれも「シーサイドスタジオ CASOでの会場展示」と「本サイトでのオンライン展示」ができます。プラン4は展示のないプランです。[出展までの流れ][新型コロナウイルス感染予防対策と開催形態についてのご案内][出展規約]を必ずご確認のうえ、お申込みください。

プラン1:ギャラリーの壁を使用した壁面展示

出展料:[一般]29,000円、[学生]18,000円、[高校生以下]13,000円 ※すべて税込

目線の高さで写真をじっくり観て欲しい方、大型作品の展示をしたい方におすすめ!
幅1,500mmのギャラリーの壁面(学生・高校生は1,000mm)に自由に展示していただけます。床面も500mm使用できるので、壁面への作品展示だけでなく、ミニテーブルや棚を設置して、ブックや名刺なども置いていただけます。

vol.26での展示の様子。複数のブースを繋げて出展も可能です。
 

ブース仕様

● ブースサイズ:高さ2,400mm×幅1,500mm(学生ブースは幅1,000mm)
● 床面使用スペース:500mm
● ネームプレートについて:A4サイズ(210mm×297mm)のネームプレートが左端にはいります。ネームプレート部分は展示に使用できませんが、それ以外のスペースは、自由に展示可能です。

● ライト:なし
● オプション:電源設備についてはこちらをご確認ください。
● 作品販売:可能
● 出展料にはSave Japan Cards Project企画参加費(1,000円)を含みます。

● 代理搬入:利用可能、詳細はこちら。

※展示手法について:クギ・ネジによる展示が可能です。テープ類での作品設置・剥離が容易でない全面シールのシートなどの設置は壁面が剥がれる恐れがあるため禁止です。壁面への直接のペイントも不可です。展示の点数制限はありません。ブースに収まれば何点でも展示が可能です。

オンライン展示は「360度VR静止画+バーチャルツアー」と「スチルフォト」で紹介します!

会場の様子をVRと個々のブース写真として記録、アーカイブ化し、ふたつの方法でオンラインで展示を楽しんでいただけます。オンライン展示の詳細とご提出いただくデータなどはこちらをご確認ください。
 
このプランに含まれるもの
 
・国内レビュアーによる作品審査対象
写真家、ギャラリスト、編集者、キュレーターなど写真を見るプロがあなたの展示を審査します。過去の出展者のなかには、受賞をきっかけにギャラリー所属の作家としてデビューした人、海外の有名写真サイトで紹介された人、広告や写真雑誌の仕事を手にした人達が次々と生まれています。vol.27のレビュアーはこちら
※審査はオンラインレビューになる可能性がございます。
 
・海外レビュアーによる作品審査対象
海外の有名写真雑誌の編集者フォトフェスティバルのキュレーターなど、通常のコンテスト等とは異なるレビュアーを招聘します。海外レビュアーによる審査は、世界で最もアクセスの多い写真サイト「LensCulture」とのパートナーシップを組み、「LensCulture」のプラットフォーム(作品審査サイト)を使用して行います。vol.27のレビュアーはこちら
※レビューはポートフォリオレビューのような1対1のレビューではなく、提出いただいた作品を各レビュアーが審査し、受賞者を決める作品審査になります。受賞者1名、ノミネート者(最大5名)にレビュアーからコメントが贈られます。参加者全員にコメントがあるわけではありません。
※海外レビュアーの審査をご希望の方は、レンズカルチャーへの会員登録及び写真・ステートメントなどのアップロードが必要になります。
 
・Mプロジェクトへの挑戦権
上記、国内・海外レビュアーのレビュアー賞に選出された方は、最大100万円のカメラ&レンズを贈呈!写真家の成長と未来をサポートする「Mプロジェクト」へ参加ができます。Mプロジェクトの詳細はこちら
 
・スポンサー賞対象
スポンサー賞の詳細は後日発表します。
 
・写真家によるオンライン講座に無料で参加
人気写真家がオンラインで教える写真上達のヒント(有料セミナー)を出展者のみなさまは無料で聴講いただけます。国内だけでなく世界的に高い評価を受けているトップフォトグラファーが登場する予定です。
 

※一般で複数ブースをお申込みの方は複数ブースフォームよりお申込みまたは単ブースフォームより複数お申込みください。学生・高校生ブースはフォーム内でブース数をご選択いただけます。
 

・お申し込み前に、出展までの流れ出展規約、新型コロナウイルス感染予防対策について、対策の詳細および、緊急事態宣言が発令された場合の開催形態についてのご案内を必ずご確認ください。
・フォーム入力後、受付メールとは別途、出展料お手続きのメールをお送りします。出展料はメールが届いてから5日以内にクレジットカードにてお支払いいただきます。


 

プラン2:テーブル+パーテーション展示

出展料:[一般]29,000円、[学生]18,000円、[高校生以下]13,000円 ※すべて税込

壁面展示に収まらない表現をしたいという方におすすめ!
1200mm四方のテーブル(学生・高校生は奥行き600mm)とパーテーションに自由に展示していただけます。額装した作品はもちろん、プリントやブックのみでも展示が可能。椅子もセットなので在廊しやすいです。

vol.26での展示の様子。vol.27ではライトは付属しません。
 

ブース仕様

パーテーション仕様(有功パネル)

(仕様詳細)素材:フレーム部分:鉄、パネル部分:木、穴の直径:5mm、穴と穴の間隔:縦横ともに20mm、フレームから最初の穴の間隔:左右7mm・上下100mm、パーテーションの厚み:3mm

● テーブルサイズ:幅1,200mm×奥行1,200mm×高さ730mm(学生ブースは奥行600mm)※1200mm×600mmのテーブルを2つ並べたスタイルになります。
● パーテーションサイズ:幅900mm×高さ1800mm(一般・学生共通)※パーテーションは小さな穴が全面に空いたタイプ(有孔パネル)のもので、フックなどを使った展示が可能です。テーブルとパーテーションの間に出展者さまが座れる分の空間があります。
● 空間使用スペース:安全面を鑑みて、高さは机上から800mmまで。
● ネームプレートについて:パーテーション部分に、A4サイズ(210mm×297mm)のネームプレートが左端にはいります。ネームプレート部分は展示に使用できませんが、それ以外のスペースは、自由に展示可能です。

● ライト:なし
● オプション:椅子、白布(ご自身で用意も可能)、コンセント1口500Wが付属します(無料)。電源設備についてはこちらをご確認ください。
● 作品販売:可能 ※注意事項を必ずご確認ください
● 出展料にはSave Japan Cards Project企画参加費(1,000円)を含みます。

● 代理搬入:利用可能、詳細はこちら。

※展示手法について:パーテーションでの展示はS字フックなどでの展示が可能です。床面展示スペースはありません。テーブル・パーテーションへの直接のペイントは不可です。展示の点数制限はありません。ブースに収まれば何点でも展示が可能です。

オンライン展示は「360度VR静止画+バーチャルツアー」と「スチルフォト」で紹介します!

会場の様子をVRと個々のブース写真として記録、アーカイブ化し、ふたつの方法でオンラインで展示を楽しんでいただけます。オンライン展示の詳細とご提出いただくデータなどはこちらをご確認ください。
 
このプランに含まれるもの
 
・国内レビュアーによる作品審査対象
写真家、ギャラリスト、編集者、キュレーターなど写真を見るプロがあなたの展示を審査します。過去の出展者のなかには、受賞をきっかけにギャラリー所属の作家としてデビューした人、海外の有名写真サイトで紹介された人、広告や写真雑誌の仕事を手にした人達が次々と生まれています。vol.27のレビュアーはこちら
※審査はオンラインレビューになる可能性がございます。
 
・海外レビュアーによる作品審査対象
海外の有名写真雑誌の編集者フォトフェスティバルのキュレーターなど、通常のコンテスト等とは異なるレビュアーを招聘します。海外レビュアーによる審査は、世界で最もアクセスの多い写真サイト「LensCulture」とのパートナーシップを組み、「LensCulture」のプラットフォーム(作品審査サイト)を使用して行います。vol.27のレビュアーはこちら
※レビューはポートフォリオレビューのような1対1のレビューではなく、提出いただいた作品を各レビュアーが審査し、受賞者を決める作品審査になります。受賞者1名、ノミネート者(最大5名)にレビュアーからコメントが贈られます。参加者全員にコメントがあるわけではありません。
※海外レビュアーの審査をご希望の方は、レンズカルチャーへの会員登録及び写真・ステートメントなどのアップロードが必要になります。
 
・Mプロジェクトへの挑戦権
上記、国内・海外レビュアーのレビュアー賞に選出された方は、最大100万円のカメラ&レンズを贈呈!写真家の成長と未来をサポートする「Mプロジェクト」へ参加ができます。Mプロジェクトの詳細はこちら
 
・スポンサー賞対象
スポンサー賞の詳細は後日発表します。
 
・写真家によるオンライン講座に無料で参加
人気写真家がオンラインで教える写真上達のヒント(有料セミナー)を出展者のみなさまは無料で聴講いただけます。国内だけでなく世界的に高い評価を受けているトップフォトグラファーが登場する予定です。
 

※テーブルブースは一般、学生ともに最大2ブースまで連結が可能です。複数ブースを希望の方は、フォーム内でブース数をご選択ください。
 

・お申し込み前に、お申込みから出展までの流れ、出展規約、新型コロナウイルス感染予防対策について、対策の詳細および、緊急事態宣言が発令された場合の開催形態についてのご案内を必ずご確認ください。
・フォーム入力後、受付メールとは別途、出展料お手続きのメールをお送りします。出展料はメールが届いてから5日以内にクレジットカードにてお支払いいただきます。


 

プラン3:最大12枚の写真で表現するスライド展示

出展料:[一般]29,000円、[学生]18,000円、[高校生以下]13,000円 ※すべて税込

作品データを送るだけ。展示経験がない人にもおすすめ!
最大12枚の写真+タイトル+ステートメントのスライドショーで展示をするプランです。額装や加工の必要がないので、いままで展示経験がない方も気軽にご参加頂けます。スライドショーの作成も事務局で行いますので、データを送るだけで簡単に出展できます。


vol.26出展者さまの作品。オンライン展示では動画リンクでご紹介になります。
 

スライド仕様

● 枚数:1~12枚
※提出頂いた作品を、指定の順番に沿って、自動スライドにさせていただきます。
● 会場での投影サイズ:調整中
● オンラインでの展示方法:御苗場youtubeにあげたスライド動画を、Webサイトでご紹介します。
● 作品以外に掲載可能な内容:作家名、タイトル、ステートメント(200文字以内)、作品ごとのタイトル、モデルや撮影地のクレジットをスライドに掲載することができます。作品内にクレジットを頂いてもかまいません。
● スライドの間隔:5~7秒を予定。(ステートメントが長い場合は秒数をのばす可能性があります)
● 作品販売:可能 ※注意事項を必ずご確認ください
● 出展料にはSave Japan Cards Project企画参加費(1,000円)を含みます。

 

オンライン展示は「360度VR静止画+バーチャルツアー」と「スライド動画」で紹介します!

会場の様子をVRとして記録、アーカイブ化します。スライド動画もWebサイトでご紹介します。オンライン展示の詳細とご提出いただくデータなどはこちらをご確認ください。
 
このプランに含まれるもの
 
・国内レビュアーによる作品審査対象
写真家、ギャラリスト、編集者、キュレーターなど写真を見るプロがあなたの展示を審査します。過去の出展者のなかには、受賞をきっかけにギャラリー所属の作家としてデビューした人、海外の有名写真サイトで紹介された人、広告や写真雑誌の仕事を手にした人達が次々と生まれています。vol.27のレビュアーはこちら
※審査はオンラインレビューになる可能性がございます。
 
・海外レビュアーによる作品審査対象
海外の有名写真雑誌の編集者フォトフェスティバルのキュレーターなど、通常のコンテスト等とは異なるレビュアーを招聘します。海外レビュアーによる審査は、世界で最もアクセスの多い写真サイト「LensCulture」とのパートナーシップを組み、「LensCulture」のプラットフォーム(作品審査サイト)を使用して行います。vol.27のレビュアーはこちら
※レビューはポートフォリオレビューのような1対1のレビューではなく、提出いただいた作品を各レビュアーが審査し、受賞者を決める作品審査になります。受賞者1名、ノミネート者(最大5名)にレビュアーからコメントが贈られます。参加者全員にコメントがあるわけではありません。
※海外レビュアーの審査をご希望の方は、レンズカルチャーへの会員登録及び写真・ステートメントなどのアップロードが必要になります。
 
・Mプロジェクトへの挑戦権
上記、国内・海外レビュアーのレビュアー賞に選出された方は、最大100万円のカメラ&レンズを贈呈!写真家の成長と未来をサポートする「Mプロジェクト」へ参加ができます。Mプロジェクトの詳細はこちら
 
・スポンサー賞対象
スポンサー賞の詳細は後日発表します。
 
・写真家によるオンライン講座に無料で参加
人気写真家がオンラインで教える写真上達のヒント(有料セミナー)を出展者のみなさまは無料で聴講いただけます。国内だけでなく世界的に高い評価を受けているトップフォトグラファーが登場する予定です。
 

 

・お申し込み前に、お申込みから出展までの流れ、出展規約、新型コロナウイルス感染予防対策について、対策の詳細および、緊急事態宣言が発令された場合の開催形態についてのご案内を必ずご確認ください。
・フォーム入力後、受付メールとは別途、出展料お手続きのメールをお送りします。出展料はメールが届いてから5日以内にクレジットカードにてお支払いいただきます。


 

プラン4:海外レビュー+オンライン講座参加

出展料:22,000円[一般・学生] ※すべて税込

海外での作品発表や販売に挑戦したいという人におすすめ!
海外レビュアーの審査と写真家によるオンライン講座に参加が可能なプランです。額装や加工の必要がなく、データをアップロードいただくだけで簡単に応募ができます。講座もすべてオンラインなので、会場まで距離のある方、会期中にお越しいただくのが難しい方にもご参加いただき、楽しんでいただけます。

 
このプランに含まれるもの
・海外レビュアーによる作品審査対象
海外の有名写真雑誌の編集者フォトフェスティバルのキュレーターなど、通常のコンテスト等とは異なるレビュアーを招聘します。海外レビュアーによる審査は、世界で最もアクセスの多い写真サイト「LensCulture」とのパートナーシップを組み、「LensCulture」のプラットフォーム(作品審査サイト)を使用して行います。vol.27のレビュアーはこちら
※レビューはポートフォリオレビューのような1対1のレビューではなく、提出いただいた作品を各レビュアーが審査し、受賞者を決める作品審査になります。受賞者1名、ノミネート者(最大5名)にレビュアーからコメントが贈られます。参加者全員にコメントがあるわけではありません。
※海外レビュアーの審査をご希望の方は、レンズカルチャーへの会員登録及び写真・ステートメントなどのアップロードが必要になります。
 
・写真家によるオンライン講座に無料で参加
人気写真家がオンラインで教える写真上達のヒント(有料セミナー)を出展者のみなさまは無料で聴講いただけます。国内だけでなく世界的に高い評価を受けているトップフォトグラファーが登場する予定です。
 

 

・お申し込み前に、お申込みから出展までの流れ、出展規約、新型コロナウイルス感染予防対策について、対策の詳細および、緊急事態宣言が発令された場合の開催形態についてのご案内を必ずご確認ください。
・フォーム入力後、受付メールとは別途、出展料お手続きのメールをお送りします。出展料はメールが届いてから5日以内にクレジットカードにてお支払いいただきます。


出展までの流れ

STEP.1
申込フォーム入力
お名前や住所・連絡先などの基本情報に加え、【作家名】【ジャンル】【ブース数】【Save Japan Photo Cards Projectへの賛同有無】【代理搬入の有無】【チャリティーオークションへの参加有無】をご入力いただきます。
※プランによって項目がないものもあります。フォームの項目に従ってご入力ください。
ジャンルについてはこちら
Save Japan Photo Cards Projectについてはこちら
代理搬入についてはこちら
チャリティーオークションについてはこちら

STEP.2
出展料お支払い
フォーム入力後、受付メールとは別途、出展料お手続きのメールをお送りします。出展料はメールが届いてから5日以内にクレジットカードにてお支払いいただきます。
 
8/8~8/16まで夏季休業のため、この期間にお申込みを頂いた方には17日以降にお手続きのメールをお送りいたします。
STEP.3
オンライン展示用データ&エントリーシート送信
申込完了後、オンライン展示用データとエントリーフォーム(アンケート)を送信いただきます。オンライン展示のイメージ・掲載可能なデータについてはこちら
STEP.4
代理搬入指示書の提出
代理搬入を希望された方は、後日ご案内する代理搬入マニュアルに沿って、指定の期日までに指示書のご提出をお願いします。追加点数分のお支払いは指示書ご提出後、メールにてお願いをさせていただきます。
STEP.5
マニュアル確認
9月下旬ころに本サイトで出展マニュアルが公開されます。マニュアルをご確認いただき、出展の最終準備をお願いします。同時期より、代表者さまにイベントや出展者特典などのご案内をメールにて定期的にお届けします。
STEP.6
搬入&出展!
搬入日は10月21日(水)11:00~18:00です。

以上の内容と[新型コロナウイルス感染予防対策と開催形態についてのご案内][出展規約]を必ずご確認のうえ、ご希望のプランにお申込みください。

プラン1:ギャラリーの壁を使用した壁面展示

プラン2:テーブル+パーテーション展示

プラン3:最大12枚の写真で表現するスライド展示

プラン4:海外レビュー+オンライン講座参加