S15|宮下 靖司

プロフィール

2013年、波止場の写真学校で写真を学び始める
ビギナークラス:79期87期修了
アドバンスクラス:31期修了
ネクストクラス:日曜日クラス終了
作品制作クラス:終了
北義昭ゼミ:1期修了
同校のクラス展、公募展に参加。
2020年、日本写真映像専門学校入学、フォトファイン学科所属。
同校での学校展、クラス展に参加。
外部の写真展には参加なし、今に至ります。

ステートメント

ステートメント
私は生前の父の写真を撮ることが出来ませんでした。
写真を初めて5年、父が帰らぬ人となりました。
闘病生活の父、その日常を記録に残そうとは思い立てませんでした。
写真を学ぶために教室に通っていましたが、学んだ事を生かすことが出来ませんでした。
父の他界から1年半、実家で初めて写真を撮りました。
以降、帰省時には実家で写真を撮るようになりました。
生前に撮れなかった父を思い、二度とは見れないその姿を忘れないために。
在りし日の記憶をつなぎ留めておくためにカメラを構えました、
思い出を消さないためにシャッターを切りました。
今、新たに写真を学ぶ為に学校に通っています。
学んだ事が、写真を見てくださった方に伝わる力になっていれば幸いです。

コンセプト
・亡き人の在りし日の日常を、故人がいた場所から、使っていた道具から思う。

ほかの出展者もチェック