fbpx

御苗場vol.26 レビュアー

出展者の作品を見て、ノミネート作品・レビュアー賞を選出する、レビュアー。
現在10名のレビュアーが決定しています。(順不同)
海外からのレビュアーはオンラインでの審査を行います。

エリック フローンス / Erik Vroons

写真雑誌「GUP」総合編集長

オランダを代表する写真雑誌「GUP」の前編集長(2010-2015)であり、現在も同誌にて特集制作を担う。オランダの次世代若手写真家を選出し掲出する年間カタログ「New Dutch Photography Talent」等の編纂に関わり、近年ではグループ展の形でArt Salon Taipei(2017)、BredaPhoto(2018)、Paraty em FocoBrazil(2018)といった国際フェスティバルにおいて写真展のキュレーションを手がける。また、フリーランスのライター/ 評論家として、雑誌「British Journal of Photography」や、「1000 words photogrpahy magazine」等にも寄稿している。写真学修士号(ライデン大学)とメディア研究修士号(アムステルダム大学)を保持。

マーク・プルースト / Marc Prust

ヴィジュアルストーリーエディター / フォトキュレーター

写真集の編集、展示キュレーションなど様々な方法でヴィジュアルストーリーをプロデュースするヴィジュアルストーリーエディター / フォトキュレーター。ワークショップやマスタークラスにおける講師、レクチャー、写真に関する執筆、さらにはワンオンワンでのフォトコンサルティングなど多岐にわたり活躍。現在はNUKU photo festival Ghanaのアーティスティックディレクターを務める。
2020年1月に写真家の為の持続可能なビジネスモデルに関する研究についての書籍「Tell your story – A new role for photography in a changing market」を出版。同著はThe Forhanna Foundationにより出版され、英語版・オランダ語版のpdfがこちらかダウンロード可能。

パーパン・シリマ

インデペンデントキュレーター

タイ王立写真協会委員、ストリートフォトタイランド メンバー、インデペンデントキュレーター、コンサルタント、キャンペーンディレクター。1988年タイ・バンコク生まれ。The Jam Factoryのクリエイティブマネージャー兼ギャラリーディレクター、ならびにThe Jam Factory Magazineの共同創設者兼編集者としてアートの世界にデビュー。新進作家を発掘し紹介するアートエージェンシーASIAN SPIRITUAL PLAYGROUNDの創設者でもあり、またバンコクのアートフェア「Art Ground」を2016年に共同で創設するなど、国内外の作家を巻き込んでの活動を広く行う。

ジム・キャスパー / Jim Casper

レンズカルチャー共同創業者・編集長

世界中の現代写真を紹介することを目的としたウェブマガジン、レンズカルチャーの共同創業者・編集長。アムステルダムをベースに活動し、国際的な写真コミュニティの中で現在活躍する人間のひとりとして知られる。世界各地のポートフォリオレビューに参加するほか、展示のキュレーションや、写真文化に関する執筆、ワークショップの開催なども精力的に行っている。また、国際的な写真賞の審査員や、芸術・教育機関のアドバイザーを務める。

房彥文 / Fang Yen Wen

Group.G代表、ごぶごぶ株式会社取締役、Wonder foto dayの創設者

Group.G代表、ごぶごぶ株式会社取締役、Wonder foto dayの創設者、G.SpaceおよびG.Galleryオーナー。アートのキュレーション、マーケティング、国際文化から、台湾のアートのプロモーションまで、写真を軸に様々なプロジェクトを行う。台湾と世界のクリエイティブを組み合わせて、ブランドのポジショニングイメージと価値を創造するエキスパート。www.groupg.org

きりとりめでる

写真研究 / 執筆 / 企画

1989年生まれ。視聴覚文化の変容と伴走する美術作品をデジタル写真論の視点から 、研究、企画、執筆を行なっている。展覧会企画に「きりとりめでると未然の墓標(あるいはねこ動画の時代)2019-2020」(パープルームギャラリー、2019)や「フィットネス. | nss.show」(akibatamabi21、2016)など。著書に『インスタグラムと現代視覚文化論』(共訳編著、ビー・エヌ・エヌ新社、2018年)がある。

林紗代香 / Sayaka Hayashi

「TRANSIT」編集長

1980年岐阜県生まれ。編集者。大学卒業後、いくつかの雑誌編集部を経て、2008年の創刊時より『TRANSIT』に参加。2011年には『BIRD』を創刊(現在休刊中)。TRANSIT33号より編集長を務める。最新号 中国の食特集、TRANSIT初の写真集 『TRANSIT THE PORTRAITS』 『TRANSIT THE LANDSCAPES』が発売中。www.transit.ne.jp

小林正明 / Masaaki Kobayashi

gettyimages シニア・アートディレクター

2004年より現職。一人一人の作家が持つ個性的な美意識、得意とする撮影テーマ、斬新なアプローチなどを引き出し 広告写真/動画素材としてgettyimagesの持つ世界185カ国+市場に向けてアート・ディレクションする。広告は時代を映す鏡と言われるが、半歩先の社会に向けて万人の共感を生むビジュアル・コンテンツの制作を目指して日々格闘中。Campaign Photo Awards,Graphis,PX3, International Photography Awards, PDN annual, Sony World Photography Awards他 受賞作品多数のアート・ディレクションを担当。

小松整司 / Seiji Komatsu

EMON,Inc. CEO / EMON Photo Gallery ディレクター

TAKI CORPORATIONのディレクターを経て1996年、デザインオフィスEMON,Inc.を設立。グラフィックを核にして広告デザイン、パッケージ、ブランドビルディング、空間設計までを統括する。2005年、現代写真専門のコマーシャルギャラリーをオープン。ギャラリーでは「飽くなき探究心を持った日本の写真家を世界に」をコンセプトに、企画展の開催、内外のアートフェアの参加、新進作家の発掘を目的するアワードの開催など、ジャンルに捕らわれないボーダレスな活動を行っている。日本芸術写真協会理事。

テラウチマサト / Masato Terauchi

写真家/プロデューサー

1954年生まれ。日本実業出版社を経て1991年に独立。ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現手法で常に注目を集める写真家。中でも、ポートレイト作品においてはこれまで6000人以上の俳優、モデル、タレント、経営者などの著名人を撮影。また、風景作品では、その場所の魅力を着実に捉える力を評価され、行政からの撮影要望も多い。2012年パリユネスコ本部より招聘され、ユネスコのギャラリーにて写真展を開催。2016年、富士山頂浅間大社奥宮にて画家Murakami.Takashiと共に個展を開催した。モノやコトの“隠れた本質”を捉える着眼点や斬新な表現手法に、イベントプロデュースから、町興しのオファーも集まる。写真家としてのクリエイティビティを活かした幅広い創作活動を得意とする。米国マサチューセッツ工科大学で講演するなど、海外からも高い評価を得ている。www.terauchi.com