“御苗場出展が目標だった”“参加して良かった”|出展経験者が語る御苗場の魅力と出展後の変化とは?


2019年9月13日(金)~15日(日)大阪・海岸通ギャラリーCASOにて開催される関西御苗場。出展者紹介もスタートしています。

御苗場とは“自分の未来に苗を植える場所”
御苗場で出展することそのものが価値となり、自信となり、夢を実現できる場所を創りたい。楽しむだけでもなく、競うものでもなく、夢へ挑戦した全ての写真ファンの勇気を称えたい。そんな思いから、ひとりひとりが輝く場所となることを目指しています。

今回は関西御苗場の出展経験者に、参加した感想や、出展後に変わったことをQ&Aで答えていただきました。出展者のみなさんは、御苗場でどのように変化したのでしょうか!?

石田シンヤさん


Q:御苗場に参加したきっかけ・理由
A:写真を始めたときから御苗場への展示が目標のひとつだったから。

Q:御苗場に参加して良かったこと
A:SNSでしかつながりがなかった人たちと直接話すことができたこと。写真についていろいろ語り合えたこと。

Q:御苗場出展後変わったこと(周囲からの反応・自分自身の心構え など)
A:写真に真剣に取り組んでいる人だと見られるようになったこと。

作家名:小林 洋介【NagomiPhotoClub】


Q:御苗場に参加したきっかけ・理由
A:写真をはじめて、約1年目に、横浜御苗場にめぐりあい、お祭りみたいな雰囲気と様々な作品に逢い、いつか参加したいな~と思い、それから1年後くらいに初参加させていただきました。

最初は、展示したい気持ちだけで、技術なども全くないという状況。右も左もわからないけれど、呼びかけに答えてくれた仲間数名と勇気をだして初参加させていただきました。今思うと参加して良かったです( ´ ▽ ` )ノ

Q:御苗場に参加して良かったこと
A:横浜御苗場と関西御苗場ともに参加させていただきました。 個人的な感想ですが、お祭りと合宿の印象です(;o;)。
楽しく展示と学ぶことができるのが、御苗場の魅力です。さらに、様々な方々と出合い、たくさんの作品を見て、作者の話を聞いて自分にプラスできるという、とても良い経験ができました( ´ ▽ ` )ノ

Q:御苗場出展後変わったこと(周囲からの反応・自分自身の心構え など)
A:人前に立つという事が無かった自分にとって、御苗場展示は、毎回新鮮で、参加したあとに、超楽しかったと感じています。
人前にでたからには、しっかりしなくては!( ゚д゚)と、さらに、写真にのめり込みました。

超楽しくて、勉強になり、様々なアーティストと出会い、合宿のような御苗場展示。壁にたち続けるとハードですが、参加して良かったと思います( ノ゚Д゚)!

いかがでしたでしょうか。

写真好き同士がつながる場であり、刺激し合い、さらに写真が好きになる場として、おふたりには楽しんでいただけたようですね。
関西御苗場2019はあなたの未来に苗を植える場所です。
現在、出展者を募集中!ご参加お待ちしています!

関西御苗場2019 出展者募集中!

御苗場とは?

出展ガイドはこちら

お申込みはこちら