銀座ソニーパーク『Sony World Photography Awards 2019』で御苗場出展作家2名がトーク!

銀座ソニーパークで開催中の『#008 Sony World Photography Awards 2019』。


応募総数約33万点という、世界最大規模のフォトコンテスト「Sony World Photography Awards 2019」の受賞作品の展示です。

会期中のプログラムとして、国内外で活躍するフォトグラファー、瀧本幹也さんや鈴木親さんによるトークが開催されますが、最終日6/23(日)には、御苗場vol.20(2017年)でソニー賞を受賞された川音真矢さんと横浜御苗場2019に出展された石戸俊夫さんのトークが開催されます。
※川音さんはSony World Photography Awards(以下SWPA)2017 一般公募部門入選、石戸さんはSWPA2019日本部門賞1位。

会期初日の会場でおふたりを撮影させていただきました。

聞き手は「T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO」ファウンダー、PHaT PHOTO前編集長の速水惟広が務めます。トークテーマは「SWPAを通じて広がる世界への道のり」。御苗場にも出展いただき、世界最大規模のフォトコンテストで入選、受賞をされたおふたりのお話しからたくさんの気づきがありそうですよ。

展示も、風景、ポートレート、建築、ストリート、スポーツ…などカテゴリーも多様で、世界中から集まった写真を一気に見ることができ、とても見応えがあります。ぜひ足をお運びください。

#008 Sony World Photography Awards 2019
世界の写真が交差するところ。

会期:開催中~2019年6月23日(日)
時間:月~金 11 : 00 – 19 : 00、土 11 : 00 – 18 : 00 | 休廊日:日曜日
Webサイト:www.ginzasonypark.jp/program/014/

関西御苗場2019 出展者募集中!


関西御苗場2019(9/13~15開催)では、現在出展者を募集中です。
本記事でご紹介した川音真矢さん、石戸俊夫さんのように、御苗場での受賞をきっかけに活躍されている受賞者の方も多くいらっしゃいます。今年から新たにテーブルブースも加わり、展示のバリエーションが広がった関西御苗場2019であなたの作品を展示しませんか?

出展ガイドはこちら

お申込みはこちら