出展ガイド(vol.26)

***御苗場vol.26の募集は終了しました***

プラン1:壁・テーブルで表現

出展料:32,900円 ※学生壁料金は20,800円(締切:4月20日)

・壁 or テーブルでの作品展示(会場+VR展示)
会場の様子は360度VR静止画+バーチャルツアー化。展示の様子をオンラインで配信します。

●壁ブース/サイズ:高さ2,400mm×幅1,500mm(学生ブースは幅1,000mm)
●テーブルブース/サイズ:幅1,200mm×奥行1,200mm×高さ730mm、パーテーションサイズ:幅900mm×高さ1800mm(予定)
ギャラリー図面、ブース仕様の詳細はこちら

 
・代理搬入出サービスが無料
プラン1の方は代理搬入出を無料でご利用いただけます。代理搬入にかかわる送料以外の基本費用を、御苗場にて負担させていただきます(通常搬入料金 壁:11,000円、テーブル5,500円→無料)。ご希望の方は出展申込のフォームにてお知らせください。
代理搬入の詳細については、こちら
 
・国内レビュアーによる作品審査対象
きりとりめでるさん(写真研究家)、林紗代香さん(「TRANSIT」編集長)、小松整司さん(EMON Photo Gallery ディレクター)、御苗場プロデューサーのテラウチマサトのレビューが決定しています。レビュアープロフィールはこちら


※オンラインレビューになる可能性がございます。
 
・海外レビュアーによる作品審査対象
ジム・キャスパーさん(レンズカルチャー共同創業者)、エリック・フローンス(写真雑誌「GUP」総合編集長)、ファン・イェン・エン(Wonder foto day創設者)、パーパン・シリマ(タイ王立写真協会委員)、マーク・プルースト(ヴィジュアルストーリーエディター)の5名によるレビューが決定しています。海外レビュアーによる審査は、世界で最もアクセスの多い写真サイト「LensCulture」とのパートナーシップを組み、「LensCulture」のプラットフォーム(作品審査サイト)を使用して行います。レビュアープロフィールはこちら


※本レビューはポートフォリオレビューのような1対1のレビューではなく、提出いただいた作品を各レビュアーが審査し、受賞者を決める作品審査になります。
受賞者1名、ノミネート者(最大5名)にレビュアーからコメントが贈られます。参加者全員にコメントがあるわけではありません。

※海外レビュアーの審査をご希望の方は、レンズカルチャーへの会員登録及び写真・ステートメントなどのアップロードが必要になります。
 
・スポンサー賞対象
「Sony World Photography Awards 御苗場賞」「写真の町 東川賞」のふたつのスポンサー賞の選考対象作品になります。スポンサー賞の詳細は近日公開です


 
・9つのオンライン講座に無料で参加
人気写真家9名がオンラインで教える写真上達のヒント(有料セミナー)を無料で聴講いただけます。国内だけでなく世界的に高い評価を受けているトップフォトグラファーが登場します。オンライン講座の詳細はこちら


 

 

・お申し込み前に、出展規約を必ずご確認ください。
・新型コロナウイルス感染予防対策について、対策の詳細および、緊急事態宣言が発令された場合の開催形態についてのご案内を必ずご確認ください。
・フォーム入力後、受付メールとは別途、出展料お手続きのメールをお送りします。出展料はメールが届いてから5日以内にクレジットカードにてお支払いいただきます。

プラン2:スライドショーで表現

出展料:32,900円 ※学生料金は20,800円(締切:5月6日)

・スライドショーでの作品展示(会場+VR展示)
壁・テーブルではなく、データ12点のスライドショーにて展示するプランです。
会場の様子は360度VR静止画+バーチャルツアー化。展示の様子をオンラインで配信します。(データは5月10日(日)までに提出いただきます)
 
・国内レビュアーによる作品審査対象
きりとりめでるさん(写真研究家)、林紗代香さん(「TRANSIT」編集長)、小松整司さん(EMON Photo Gallery ディレクター)、御苗場プロデューサーのテラウチマサトのレビューが決定しています。レビュアープロフィールはこちら


※オンラインレビューになる可能性がございます。
 
・海外レビュアーによる作品審査対象
ジム・キャスパーさん(レンズカルチャー共同創業者)、エリック・フローンス(写真雑誌「GUP」総合編集長)、ファン・イェン・エン(Wonder foto day創設者)、パーパン・シリマ(タイ王立写真協会委員)、マーク・プルースト(ヴィジュアルストーリーエディター)の5名によるレビューが決定しています。海外レビュアーによる審査は、世界で最もアクセスの多い写真サイト「LensCulture」とのパートナーシップを組み、「LensCulture」のプラットフォーム(作品審査サイト)を使用して行います。レビュアープロフィールはこちら

※本レビューはポートフォリオレビューのような1対1のレビューではなく、提出いただいた作品を各レビュアーが審査し、受賞者を決める作品審査になります。受賞者1名、ノミネート者(最大5名)にレビュアーからコメントが贈られます。参加者全員にコメントがあるわけではありません。
※審査をご希望の方は、レンズカルチャーへの会員登録及び写真・ステートメントなどのアップロードが必要になります。
 
・スポンサー賞対象
「Sony World Photography Awards 御苗場賞」「写真の町 東川賞」のふたつのスポンサー賞の選考対象作品になります。スポンサー賞の詳細は近日公開です


 
・9つのオンライン講座に無料で参加
人気写真家9名がオンラインで教える写真上達のヒント(有料セミナー)を無料で聴講いただけます。国内だけでなく世界的に高い評価を受けているトップフォトグラファーが登場します。オンライン講座の詳細はこちら


 

 

・お申し込み前に、出展規約を必ずご確認ください。
・新型コロナウイルス感染予防対策について、対策の詳細および、緊急事態宣言が発令された場合の開催形態についてのご案内を必ずご確認ください。
・フォーム入力後、受付メールとは別途、出展料お手続きのメールをお送りします。出展料はメールが届いてから5日以内にクレジットカードにてお支払いいただきます。

 

プラン3:海外レビュー+オンライン講座参加

出展料:22,000円(締切:5月6日)

・海外レビュアーによる作品審査対象
ジム・キャスパーさん(レンズカルチャー共同創業者)、エリック・フローンス(写真雑誌「GUP」総合編集長)、ファン・イェン・エン(Wonder foto day創設者)、パーパン・シリマ(タイ王立写真協会委員)、マーク・プルースト(ヴィジュアルストーリーエディター)の5名によるレビューが決定しています。海外レビュアーによる審査は、世界で最もアクセスの多い写真サイト「LensCulture」とのパートナーシップを組み、「LensCulture」のプラットフォーム(作品審査サイト)を使用して行います。レビュアープロフィールはこちら

※本レビューはポートフォリオレビューのような1対1のレビューではなく、提出いただいた作品を各レビュアーが審査し、受賞者を決める作品審査になります。受賞者1名、ノミネート者(最大5名)にレビュアーからコメントが贈られます。参加者全員にコメントがあるわけではありません。
※審査をご希望の方は、レンズカルチャーへの会員登録及び写真・ステートメントなどのアップロードが必要になります。
 
・9つのオンライン講座に無料で参加
人気写真家9名がオンラインで教える写真上達のヒント(有料セミナー)を無料で聴講いただけます。国内だけでなく世界的に高い評価を受けているトップフォトグラファーが登場します。オンライン講座の詳細はこちら


 

 

・お申し込み前に、出展規約を必ずご確認ください。
・新型コロナウイルス感染予防対策について、対策の詳細および、緊急事態宣言が発令された場合の開催形態についてのご案内を必ずご確認ください。
・フォーム入力後、受付メールとは別途、出展料お手続きのメールをお送りします。出展料はメールが届いてから5日以内にクレジットカードにてお支払いいただきます。

 

プラン4:オンライン講座参加

参加料:9つまとめて参加 16,500円、単発参加 3,300円/1講座
(締切:各講座の開催日13:00まで)

・9つのオンライン講座に無料で参加
人気写真家9名がオンラインで教える写真上達のヒント(有料セミナー)を無料で聴講いただけます。国内だけでなく世界的に高い評価を受けているトップフォトグラファーが登場します。オンライン講座の詳細はこちら


 
・下記peatixサイトよりチケットを購入ください
・お客さま都合による申込後のキャンセルの場合、一度お支払い頂いた参加費は返金いたしません。