一色卓丸×鈴木啓太|僕たちが今日もオールドレンズで撮り続けるワケ

オールドレンズ、始めてみませんか?

高性能なデジタルカメラやレンズが生産され人気を博す中、フィルムカメラ時代に作られた一昔前の「オールドレンズ」を好んで使用する人もいます。
現行するレンズとはちがって、描写のやわらかさや、フレア、ゴーストが特徴のオールドレンズ。なぜ彼/彼女たちは「オールドレンズ」に魅了されるのか?

©Takumaru Isshiki

今回は「オールドレンズライフ」(玄光社)にも寄稿し「 PHaT PHOTO」写真教室で も「オールドレンズ倶楽部」にて講師を務める一色卓丸氏と、カメラ誌でのオールドレンズ記事連載、フィルムさんぽを主催する鈴木啓太氏の二人に「なぜオールドレンズで撮り続けるのか」をテーマにオンライントークをしてもらいます。

©Keita Suzuki

オールドレンズの魅力から、オールドレンズを使用したポートレートの撮影テクニックがなど、オールドレンズに興味を持っている方、新しい撮影方法を模索中の方、ポートレート好きには必見です。お見逃しなく!

開催概要

・日時:5月24日(日)16:30-17:30
・会場:オンライン
・参加費:無料

参加方法

PHaT PHOTO youtubeアカウントにてリアルタイム配信を行います。
事前申し込みは不要ですので、上記開催日時になりましたらコチラより視聴ください。

登壇者

一色卓丸

2017年、原宿の外国人たちのポートレートをライカで撮影した六年間の写真集「原宿ストリートポートレート」(玄光社)を上梓。「LEICA M型ライカブック」「オールドレンズライフ5〜8」(玄光社)、「カメラホリック・ライカ特集」(ホビージャパン)にライカのオールドレンズで撮影したポートレート作品を掲載。「PHaT PHOTO写真教室」では「オールドレンズ倶楽部」にて講師を務める。SONY公式ホームページにα7で撮影したストリートポートレート作品を掲載。ファッションブランド、ウエディング等の広告撮影などを行なっている。ARTISAN&ARTIST公式アンバサダー。


鈴木啓太/urban

オールドレンズポートレート写真家。カメラ及びレンズメーカーでのセミナー講師をする傍ら、玄光社「フォトテクニックデジタル」においてオールドレンズのすすめの連載など雑誌媒体をメインに活動。三宝カメラ、カメラはスズキ等とコラボし40人規模のフィルムカメラワークショップを毎月2回開催するなど、精力的に活動している。リコーフォトアカデミー講師。

協賛

NiSi Filters Japan