#HOMEPHOTOチャレンジ!おうちで撮影したあなたの写真を無料レビュー! gettyimagesが考える Stay Homeしながら撮れる広告写真のヒント

© Kohei Hara/976660278/gettyimages

オンラインで楽しめる講評ライブ開催!

なかなか外に撮影しに行けない今だからこそ、撮影できる写真に挑戦してみませんか?
この度、御苗場では「#HOMEPHOTO チャレンジ」と題して、14言語・世界185カ国でビジネスを展開するフォトエージェンシーのgettyimagesが、自宅で撮影したあなたの写真をオンラインでライブ・レビューするイベントを開催します。

Stay Homeと言われている時期だからこそ撮影できる、日常や家族の写真をイベントに先駆けて募集。当日は、それらの写真が広告写真として販売できる可能性があるのかを、gettyimagesのシニア・アートディレクター小林正明氏と、gettyimages契約フォトグラファーの原光平氏がレビューします。

5/21まで自宅で撮影したあなたの写真を募集中!

・テーマ:Simple Pleasure
・作品点数:1-5枚
・応募方法:こちらのフォームより作品データを提出してください
・締切:5/28(木)23:59まで

撮影のヒント

YouTubeにて小林正明氏が撮影のヒントをご紹介。ぜひ参考にしてみてください。



講評ライブでは、膨大なマーケティングデータと実績に裏付けされた世界レベルのストックフォト写真販売ノウハウもレクチャー!おうちで撮影するときのヒントなど深掘りしていきます。
ストックフォトとして写真を販売したい、あるいは興味があるという方は、この機会に「写真販売」をスタートしてみませんか?

こんな人にオススメのイベント!

・おうちにいながらでも写真を楽しみたい
・自分が撮った写真を、広告写真として販売したい
・ストックフォトの世界に興味がある
・写真を仕事にしてみたい
・写真販売をしてみたいと思っていたがやり方がわからなかった

トーク内容

・小林正明氏によるトーク:「いまどういう写真が求められているのか」
・原光平氏によるトーク:「gettyimages契約フォトグラファーによるトーク」
・募集作品のレビュー
※参考/ 一般公開されているコントリビューター募集サイト
www.gettyimages.co.jp/workwithus

開催概要

・日時:5月31日(日)10:30-12:00
・会場:オンライン
・参加費:無料
・対象:自分の作品を販売することに興味がある方、どなたでも参加可能
・講師:小林正明
・ゲスト:原光平

参加方法

PHaT PHOTO youtubeアカウントにてリアルタイム配信を行います。
事前申し込みは不要ですので、上記開催日時になりましたらこちらからご参加ください。

#HOMEPHOTO チャレンジに応募する方は、5/28 23:59までにこちらのフォームより作品提出をお願いします。

登壇者

小林正明(gettyimages シニア・アートディレクター)

2004年より現職。一人一人の作家が持つ個性的な美意識、得意とする撮影テーマ、斬新なアプローチなどを引き出し 広告写真/動画素材としてgettyimagesの持つ世界185カ国+市場に向けてアート・ディレクションする。広告は時代を映す鏡と言われるが、半歩先の社会に向けて万人の共感を生むビジュアル・コンテンツの制作を目指して日々格闘中。Campaign Photo Awards, Graphis, PX3, International Photography Awards, PDN annual, Sony World Photography Awards他 受賞作品多数のアート・ディレクションを担当。


原光平(フリーランスフォトグラファー)

東京を拠点に人物、ポートレートなどを中心とした撮影を手掛けている。2007年よりgettyimagesの契約フォトグラファーとして活動、リアルなライフスタイルを切り取った写真などを広告向けに製作している。最近ではgettyimages Japanが取り組んでいる「パラアスリートコレクション」で、パラスポーツの撮影プロジェクトに参加し、車椅子テニスの撮影なども行なっている。

協賛

gettyimages