【御苗場受賞者の活躍を紹介】髙倉大輔 個展『clerestory』が大阪・TEZUKAYAMA GALERYで開催中!

2013年に開催した、「御苗場vol.13関西」でTEZUKAYAMA GALLERY 代表・松尾良一さん選出のレビュアー賞を受賞した髙倉大輔さんが6月1日(土)まで、大阪・TEZUKAYAMA GALERYで個展を開催されています。

髙倉さんは2013年にレビュアー賞を受賞された後、「LensCulture Visual Stolytelling Awards 2014 ファイナリスト」や2015年ヤングポートフォリオでの受賞、パリの写真フェア「fotofever PARIS 2015」のメインビジュアルを飾られたり、国内外の写真展で作品を発表し続けるなど精力的に活動をされています。
最近では、アジア最大級の写真・映像のプレミアショー「CP+2019」のメインビジュアルも撮影されました。

今回は、髙倉さんの代表作とも言える、一人芝居がテーマの「monodramatic(モノドラマティック)」シリーズに新作を加えたものと、ミケランジェロの「ピエタ」からインスピレーションを受け、愛情と血で繋がる親子の姿をテーマに制作された新シリーズ「loop pieta(円環のピエタ)」が展示されるとのこと。

お知らせが会期終了間近になってしまいましたが、6月1日(土)まで(※日曜休廊)開催されていますので、ぜひ足をお運びください。

clerestory(クリアストーリー)
髙倉 大輔 個展 | Daisuke Takakura Solo Exhibition

会期:開催中~2019年6月1日(土)
時間:火~土 12 : 00 – 19 : 00 | 休廊日:日曜日、月曜日
Webサイト:tezukayama-g.com/exhibition/clerestory

関西御苗場2019 出展者募集中!


関西御苗場2019(9/13~15開催)では、現在出展者を募集中です。
本記事でご紹介した髙倉さんのように、御苗場での受賞をきっかけに活躍されている受賞者の方も多くいらっしゃいます。今年から新たにテーブルブースも加わり、展示のバリエーションが広がった関西御苗場2019であなたの作品を展示しませんか?

出展ガイドはこちら

お申込みはこちら