“7つのUPDATE”で新しい「御苗場」がはじまる。

1  コミュニケーションDX

写真という共通の趣味だからこそ、語りあえるオンライン「雑談」空間
「oVice」を採用

まるで現実のような空間
メンバーに近づけば声が大きく聞こえ、遠ざかれば小さくなっていきます。アバターを動かすだけで、現実のように自由自在に会話ができます。
流動的なコミュニケーション
oViceでは話したい時に、その人に近づくだけで会話がスタートします。会話のための新しい部屋やグループを作成する必要はございません。
今のインターネット環境で十分
声が届かない人とは通信が切断されるなど常に最適化が講じられています。そのため、消費データが少なく、速度が3Mbpsでも利用することができます。

2  ウェブから生まれる出会いを演出

※実際のデザインとは異なります。あくまでもイメージです。

oVice上のイベントスペースには、個々の出展作家にスペースが割り振られ、その座標の場所にワンクリックで飛べるようになっています。
それにより、御苗場ウェブサイトの個々の作家ページから、その作家がいるoViceの空間に移動可能に。
気になる出展作家と気軽に話したりできるようになります(会期中にオンライン在廊している作家のみ)。

3  写真だけじゃない、豪華レビュアー

写真だけでなく、その道を究めた「一流」が作品を選びます。[レビュアー一覧はこちら]

4  本イベントから1名に好きなカメラ機材一式を贈呈

(左)2019年グランプリ受賞者 「Leica Q2」(右)2018年グランプリ受賞者「EOS 5D Mark IV」

出展者にとって挑戦して良かったと思える場を創出。
御苗場vol.28にて、レビュアーに選出された出展者の中から1名をグランプリとして選出。
本人が希望する上限100万円のカメラ&レンズを贈呈します。

写真家の成長と未来をサポートする「Mプロジェクト」についてはこちら

5  動画部門を新たに設定!


高まる動画への関心を受けて、新たに「御苗場」では動画部門(映像・スライド)を設置。
写真で作るスライドショー作品だけでなく、デジタルカメラを使って撮影したシネマティックVlogなどの作品での応募も可能です。

6  写真を楽しむワークショップの充実


出展者特別価格にてご案内します。
撮影や編集におけるハウツー系のレクチャーに加えて、
ステートメント制作や、プレゼンテーションスキルといった
より作品づくりに特化した講座などを会期中に多数開催。

7  LINE登録で特別なプレゼント

写真や映像にまつわる最新情報をお届けしている「PHaT PHOTO」公式LINEでは
当日のプログラムなど御苗場のリアルタイムな情報を配信します。
友だち登録している方には、特別なプレゼントを会場でお渡しします。>>事前に登録