9/14(土)| 写真家・藤岡亜弥トークショー 「デビュー作から15年。作品はどのように変化してきたのか?」

『川はゆく』より

2018年に写真集『川はゆく』、および展示『アヤ子、形而上学的研究』にて木村伊平衛写真賞を受賞した藤岡亜弥さん。
第27回林忠彦賞も受賞した写真集『川はゆく』は、現在暮らしている故郷の広島に向き合って撮影した作品ですが、2004年のデビュー作『さよならを教えて』は、世界中を放浪しながら様々な人や風景と出会い、その出会いと別れのストーリーを紡いだ全く違う作品でした。

その2作の間も、2007~2012年まで文化庁派遣海外留学生としてニューヨークに滞在しながら制作した『Life Studies』、2009年に出版した故郷や家族をテーマとした写真集『私は眠らない』など、数々の作品を生み出しています。
藤岡さんの15年を振り返りながら、ひとりの写真家がどのような道を選び、作品を制作していったのか、その過程をたどります。

『川はゆく』より

『さよならを教えて』より

登壇者

藤岡亜弥

広島生まれ、日本大学芸術学部写真学科卒業。2007年文化庁派遣海外留学生としてニューヨークに滞在。その後2012年までニューヨークに在住。現在広島にて制作活動を行う。主な作品に「さよならを教えて」「離愁」「私は眠らない」「川はゆく」がある。「さよならを教えて」でビジュアルアーツフォトアワード、「私は眠らない」で日本写真協会新人賞を受賞。「川はゆく」で2017年第41回伊奈信男賞受賞。2018年林忠彦賞、2018年木村伊兵衛写真賞受賞。現在広島在住。

開催概要

●日時:9月14日(土)14:10~15:00
●会場:御苗場メインスペース
●登壇者:藤岡亜弥、司会:安藤菜穂子(PHaT PHOTO 編集長)
●参加費:無料
●申込:不要

他のイベントもチェック!