POPとは?
Power Of Photography(略してPOP)は、アイデアとインスピレーション、そして、これまでの「写真」のイメージを変えてしまうような、思いがけない写真の可能性に出合うトークショーです。アート、テクノロジー、地域、教育など、様々な分野における「これからの写真」の姿をお届けします。

TALKSHOW 
Power of Photography
林典子(写真家)/ジェームス・ウイットロー・ディラーノ(写真家)
「変化するストーリーテリング」

TALKSHOW
Power of Photography
林典子(写真家)
ジェームス・ウイットロー・ディラーノ(写真家)
「変化するストーリーテリング」


Photo:林典子
 
自分の伝えたい出来事を写真で切りとっても、
そこから物語や思いが感じられなければ、
人の記憶から次第に薄れてしまうことがあります。
 
世の中に氾濫する多くのイメージから
「記憶に残る写真」や「自分にしか撮れない写真」を撮るための問いが重みを持つなかで、
いま、ストーリーテリングが注目されています。
 
「ニュースにならない人々の物語」を国内外で取材・撮影を続けている林典子さんと、
「ニューズウィーク」「タイム」誌などに写真を提供するジェームス・ウィトロウ・ディラーノ氏の2名も、ストーリーテリングによって印象深い作品を発表しています。
 
ニュース等で使用される単写真と、ストーリーテリングの違いはなにか。
アートとフォトジャーナリズムの境はどこなのか。
そして、伝えたい出来事を人の心に響かせるために、必要なものはなにか。
2人の作品とともに、その答えを紐解いていきます。
 

Photo:James Whitlow Delano

開催概要


日時:2月24日(金)16:00 - 16:45


場所:御苗場メインステージ


登壇者:
林典子(写真家)
ジェームス・ウイットロー・ディラーノ(写真家)
(司会:速水惟広)


参加費:無料 


 事前申込み:無し


登壇者紹介


 
林典子(はやしのりこ)
イギリスのフォト・エージェンシー Panos Picture所属。大学時代に西アフリカ、ガンビア共和国の現地新聞社で写真を撮り始め、以降国内外で取材活動をしている。13年フランス世界報道写真祭報道写真特集部門金賞、NPPA全米報道写真家協会ベストオブフォトジャーナリズム1位など受賞。15年World Press Photo  Joop Swart Masterclass選出。「ナショナルジオグラフィック(日本版)」、「デア・シュピーゲル」、「ニューズウィーク」、「インターナショナルヘラルドトリビューン」などに写真を発表。写真集「キルギスの誘拐結婚」(日経ナショナルジオグラフィック社)、「ヤズディの祈り」(赤々舎)。

 
James Whitlow Delano
(ジェームス・ウイットロー・ディラーノ)
1960年生まれ。 90年代からアジアで暮らし、作品を活動を展開。写真集「 Empire:Impressions fromChina」の一連の写真は、ミラノ・トリエンナーレ財団美術館で展示された。「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」「ル・モンド2」などに写真を提供。 2006年 ライカ オスカー バルナック アワード 佳作 2008年  NPPAベストフォトジャーナリズム「カブールの麻薬と精神病等のストーリー」で一位受賞。米国籍。