557028981,Yusuke Nishizawa   560030923,Yusuke Nishizawa 

「世界が求める写真のルール:これまで と これから」
Supported by Getty Images

「世界が求める写真のルール:これまで と これから」
Supported by Getty Images

ストックフォトと聞いてどんなイメージをお持ちですか?そもそもgetty/iStockって聞いたことがありますか?安っぽい?敷居が高い?撮りたいものではなく、売れる写真を撮らないといけない?このトークショーを通じて、あなたの「既成概念」がひっくり返ります。時代と共に、世界で求められる写真も変わり、テクノロジーの進化と共に視覚を通してのコミュニケーションの在り方も変わってきています。御苗場レビュアーとして何人もの写真家を発掘し、仕事を生み出してきた小林正明と、「御苗場」を通じてゲッティイメージズの登録作家となった西澤祐介をゲストに迎え、これからの「売れる写真・求められる写真」について語ります。

開催概要
日時:33日(土)11301230
会場:御苗場メインステージ
登壇者:西澤祐介×小林正明×速水惟広(司会)
参加費:無料 

登壇者紹介

 

小林正明(こばやし まさあき)
ゲッティイメージズ:シニア・アート・ディレクター
ゲッティイメージズ入社以前から長く国境や文化を越えた写真のライセンスビジネスに携わり、 80年代には、H.ニュートン、A.リーボヴィッツ、R.メイプルソープの写真を国内メディアに紹介。 90年代に入ってからは、国内作家のルポルタージュをLife、Smithsonian、Paris Match、Stern、GEOといった海外主要メディア誌に掲載するなど、幅広く活動。西暦2000年企画として、Y.A.ベルトラン「空から見た地球」の日本における写真展プロデュース、G.ランシナンの「Urban Jungle」の撮影コーディネートなどに携わる。

西澤祐介(にしざわ ゆうすけ)
Editor/Photographer/WHATTS INSPIRIT Director
  音楽関係の本の編集者をしながら独学で写真を始め、ライブやアーティスト写真を撮影するようになる。2015年の御苗場出展を機にゲッティイメージズと契約。サーファーやスケーター、女性のポートレートを中心に撮影。また、自身のアートブランド「WHATTS INSPIRIT」のディレクターを務める。
www.yusukenishizawa.com
whatts-inspirit.net

速水惟広 (はやみ いひろ)
T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO(東京国際写真祭)コーファウンダー/クリエイティブディレクター。国内では、岩手県大槌町や、静岡県下田市にて地域住民とアーティストによる写真を使ったソーシャル活動に力をいれている。その一方で、フォトディレクターとして海外の写真フェスティバルなどでも精力的に活動をしており、最近では「PHMUSEUM GRANT 2017」(Photographic Museum of Humanity)審査員、「Latin American Photography Forum」(サンパウロ、2016)ゲストレビュアー、「FOTOGRAFICA BOGOTA」(コロンビア, 2015)での講演などがある。過去、手掛けた主な企画展にアレハンドロ・チャスキエルベルグ「Otsuchi Future Memories」(岩手県大槌町、2016)、アレックス・プレガー「WEEK-END」(東京、2010)など。写真雑誌「PHaT PHOTO」前編集長。