TALKSHOW
ONAEBA Presens
テラウチマサト「パリ・ユネスコに続き、富士山奉納写真展を開催できたワケ」


 

ライフワークとして富士山を撮影し続けているテラウチマサト。パリ・ユネスコのギャラリーに続き、昨年の8月には、3776メートルの富士山頂にある富士宮浅間大社奥宮で、22時間限定の写真展が開かれました。その開催のきっかけをつくった舞台は、ニューヨークだった!? 100年に一度というチャンスを得て、出合いという幸運に恵まれ開催できた写真展のプロセスをすべてお話します。

開催概要


日時:2月25日(土)15:30~16:30


場所:御苗場メインステージ


講師:テラウチマサト


参加費:無料 


事前申込み:無し


講師紹介


 
テラウチマサト
 1954年生まれ。ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現手法で注目を集める写真家。2012年パリユネスコ本部より招聘され、ユネスコのギャラリーにて写真展を開催。モノやコトの“隠れた本質”を捉える着眼点や斬新な表現手法に、イベントプロデュースから、町興しのオファーも集まる。