onaeba_logo.jpg



IMG_2634.jpg

御苗場 vol.18 横浜 LinkIcon

会 期 :2016年2月25日(木)~28日(日)
会 場 :大さん橋ホール(CP+2016会場内)
来場者数 :11,677名(PHOTO HARBOUR)

御苗場10周年を迎えた本会期は
新会場・横浜大さん橋ホールにて開催。
「DEBUT」をテーマに、作品オークションとチャリティー企画を実施。
作品発表だけでなく、写真を通じて生まれる
新たな楽しみや可能性を示す場となりました。

IMG_8043.jpg

御苗場 vol.17 関西 LinkIcon

会 期 :2015年9月19日(土)~22日(火・祝)
会 場 :KIITO | デザイン・クリエイティブセンター神戸
来場者数 :3,500人

初めて神戸で開催いたしました。
KIITO | デザイン・クリエイティブセンター神戸は
レトロな感覚で御苗場にふさわしい会場でした。
LIVE SHOOT も学生さんの参加もあり大いにもりあがりました。

DSC_5695-1.jpg

御苗場 vol.16 横浜 LinkIcon

会 期 :2015年2月12日(木)~15日日)
会 場 :パシフィコ横浜アネックスホール
来場者数 :12,916人

御苗場は次回CP+からは場所が変わるため、最後の開催となったアネックスホール。
4日間で12,916人もの方がご来場頂きました。
過去最高の305ブースもの参加もあり、大いに盛り上がりました。

0527.jpg

御苗場 vol.15 関西 LinkIcon

会 期 :2014年9月12日(金)~15日(月・祝)
会 場 :京セラドーム大阪 スカイホール
来場者数 :3,355人

京セラドーム大阪 スカイホールでは2回目の開催となり、
会場レイアウト等も見やすくパワーアップしました!
今年は「PHaT CAFE&BOOKS」というスペースを設けて「PHaT PHOTO」編集部も交流。
さまざまな表現にチャレンジする総180ブースのみなさんの写真熱を感じた4日間でした。

s-DSN_8196.jpg

御苗場 vol.14 横浜 LinkIcon

会 期 :2014年2月13日(木)~2月16日(日)
会 場 :パシフィコ横浜 アネックスホール
来場者数 :9,200人

いままでカメラと写真映像の情報発信イベント「CP+」と同フロアで開催していましたが、
今回は独立したスペースにて開催。
横浜では初となる「写真の森」をコンセプトとした会場レイアウトで
約300ものブースが会場に立ち並びました。
3日目の豪雪により中止となり、実質3日間会期となったものの、
多くの来場者に足を運んでいただきました。


0923_0787.JPG

御苗場 vol.13 関西 LinkIcon

会 期 :2013年9月20日(金)~9月23日(月・祝)
会 場 :京セラドーム大阪 スカイホール
来場者数 : 3,338人

関西では初となる会場「京セラドーム大阪 スカイホール」にて開催。
「写真の森」というコンセプトのもと、まるで写真に囲まれているような
構成でブースを展開。一般・学生含め219ものブースが会場に並びました。
御苗場の原点に立ち返り、まずは1歩踏み出してもらえるよう
仲間と挑戦できる「グループ賞」も設置。出展者の力作あふれる展示となりました。

DSC_6688.jpeg

御苗場 vol.12 横浜 LinkIcon

会 期 :2013年1月31日(木)~2月3日(日)
会 場 :CP+2013会場にて併設展示
CP+2013来場者数 :62,597人

レビュアーによるムービーコメントだけでなく、
御苗場の楽しみをより伝えるための「オナエバTV」が初登場。
出展者等にインタビューした内容がメインモニターに上映されたり、
会場でのUSTREAM公開収録にも写真家など多くのゲストが登場しました。
また御苗場初となる公式打ち上げも実施。
多くの出合いを繋ぐきっかけとなりました。

21day_0859.JPG

御苗場 vol.11 関西 LinkIcon

会 期 :2012年10月18日(木)~21日(日)
会 場 :海岸通ギャラリー・CASO
来場者数:2,508名

御苗場ディレクターに湯浅一弘氏を迎え、
1枚からの作品展示に挑戦できる「SINGLE SHOT」や
動画コンテスト、展示作品をまとめた記念ブックの制作など新たな試みをはじめました。
また、vol.10で始動したレビュアー受賞者のさらなる活躍を応援する
「夢の先プロジェクト」がvol.11の受賞者たちも挑戦することが決定。
来場者2500人を超えるアツい4日間でした。


vol.10.JPG

御苗場 vol.10 横浜 LinkIcon

会 期 :2012年2月9日(木)~12日(日)
会 場 :CP+2012会場にて併設展示
CP+2012来場者数 :65,120名

10回目を迎える御苗場では、Leslie Kee氏によるモデル撮影会、
内田ユキオ氏による伝説の写真家集団マグナムについてのトークショーなど
豪華なイベントも開催。またレビュアー賞を受賞された5名が、
アメリカも視野に入れた写真集発行の挑戦権が与えられることが決定。
御苗場出展によるチャンスの広がりを感じさせた4日間でした。

vol.9.JPG

御苗場 vol.9 関西 LinkIcon

会 期 :2011年10月20日(木)~23日(日)
会 場 :海岸通ギャラリー・CASO
来場者数:1,803名

来場者数 :1,803人 NY開催を経て4回目の大阪開催。新たに加わったキーワードは
"出合いから繋がるファーストクラスへの道"。御苗場出展を
きっかけにNYでの展示、販売を遂げた作家さんがゲストで登場
したり、学生がレビュアー賞を受賞し、大きなチャンスを得る
という一面もみられ熱い4日間となりました。

inNY.jpg

御苗場 in NY LinkIcon

会 期 :2011年5月11日(水)~15日(日)
会 場 :New York Photo Festival (NYPH)内
来場者数 :未カウント

世界を代表する写真メディアがパートナーとして名を連ねる
ニューヨークフォトフェスティバル。
その会場内で、御苗場を開催しました。御苗場 vol.8 で
レビュアー賞を受賞した1名とポートフォリオ審査を通過した10名、
総勢11名の作品を展示。海外デビューへの道を創り出しました。

vol.8.jpg

御苗場 vol.8 横浜 LinkIcon

会 期 :2011年2月9日(水)~12日(土)
会 場 :CP+2011会場にて併設展示
CP+2011来場者数 :49,368名

アジア最大級の写真・映像業界イベントであるCP+内にて開催。
期間中に「御苗場 in NY」の開催を発表し、日本の写真家が
世界に羽ばたくチャンスの場を創り出しました。

vol.7.jpg

御苗場 vol.7 関西 LinkIcon

会 期 :2010年10月12日(火)~17日(日)
会 場 :海岸通ギャラリー・CASO
来場者数 :2,166名

関西では3度目となる「御苗場」。西日本で開催される写真イベントの
中心というイメージを決定的にした内容となりました。平日には写真
学校の授業の一環として特別講座を開催。大阪市港区との連動
イベントも行われました。

vol.6.jpg

御苗場 vol.6 横浜 LinkIcon

会 期 :2010年3月11日(木)~14日(日)
会 場 :CP+2010会場にて併設
CP+2010来場者数 :41,033名

アジア最大級の写真・映像業界イベントであるCP+内にて開催。
レビュアーに小山登美夫氏(小山登美夫ギャラリー代表)、
姫野希美氏(赤々舎代表)をはじめ、東京都写真美術館や
横浜美術館のキュレーターも参加するなど豪華レビュアー陣が参加。
盛り上がりを見せました。

vol.5.jpg

御苗場 vol.5 関西 LinkIcon

会 期 :2009年10月13日(火)~18日(日)
会 場 :海岸通ギャラリー・CASO
来場者数 :2,084名

大阪では2回目の開催。「出合い」というテーマのもと開催され、
ふだん生活している中では出合う機会の少ない"写真のプロ"たちが
会場へ足を運び、出展者の写真と真剣に向き合って対話する場となりました。

vol.4.jpg

御苗場 vol.4 東京 LinkIcon

会 期 :2009年3月26日(木)~29日(日)
会 場 :Photo Imaging Expo 2009会場にて併設展示
PIE2009来場者数 :41,952名

アジア最大級の写真・映像業界イベントであるPhoto Imaging Expoにて開催。
トークイベントではロンドンからマイケル・ホッペン(ギャラリスト)や
森本千絵(アートディレクター)など第一線で活躍するゲストが登場し、
盛り上がりを見せました。

vol.3.jpg

御苗場 vol.3 関西 LinkIcon

会 期 :2008年10月 7日(火)~12日(日)
会 場 :海岸通ギャラリー・CASO
来場者数 :1,920名

第3回は大阪にて開催。
当時の最大出展ブース記録をぬりかえ、
海岸通ギャラリー・CASOにおける6日間の
最高入場者数を記録しました。

vol.2.jpg

御苗場 vol.2 横浜 LinkIcon

会 期 :2007年9月21日(金)~9月28日(金)
会 場 :横浜BankART 1929(横浜シャシンエキスポ)
来場者数 :2,053名

第2回は横浜BankART1929を舞台に8日間に渡り開催。
入場料500円という有料イベントにもかかわらず、
BankART1929の有料イベントとしては最高人数を記録しました。

vol.1.jpg

御苗場 vol.1 東京

会 期 :2006年3月23日(木)~3月26日(日)
会 場 :Photo Imaging Expo 2006 New Generation Park内
PIE2006来場者数 :103,825名

東京ビックサイトの4Fスペースが熱心な若者の写真ファンで
大混雑となる状況を4日間生み出し話題に。この会場から
雑誌SWITCH等で活躍する嶋本麻利沙氏などが生まれました。